選べる寄付金先

shAIRでは、shAIRを通して学んだ人たちが、貯めたポイントを様々な地球上の課題の中から支援したい分野を選んでshAIRを通して寄付することができます。
もちろん、次のクラスのためにポイントを貯めることも可能です。
ポイントを使用する場合にはshAIR事務局までメールにてご連絡くださいますようよろしくお願い致します。

連絡先:info@shair.co.jp
※受講料100円につき1ポイントが貯まり、1ポイントで1円分の受講料割引もしくは寄付ができます。100ポイント分(100円)以上で割引・寄付が可能となります。

以下がshAIRが提携している寄付先団体一覧表です。
以下以外にもNPO等に連絡し随時寄付可能な団体数を増やしておりますが、もし以下以外に寄付先リストとして「ここは支援したい!」等の団体があればご連絡ください。


Room to Read

ルーム・トゥ・リードは、開発途上国の何百万という子どもの人生を、読み書きの習得と男女平等の教育機会から変えようとしています。すべての子どもが読み書き能力を身につけ、女子学生が中等教育を修了するための支援を行っています。100円の寄付で現地語の図書1冊をアジア・アフリカの子どもたちに贈ることができます。

国連UNHCR協会

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1950年に設立された国連の難民支援機関です。紛争や迫害により、故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、難民問題の解決に対して働きかけています。1954年と1981年にノーベル平和賞を受賞。スイス・ジュネーブに本部を置き、約120ヶ国で援助活動を行っています。この国連の難民支援活動を支えるため、広報・募金活動を行う公式支援窓口が、国連UNHCR協会です。

ヒューマン・ライツ・ウォッチ

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、1978年に設立された世界最大級の国際人権NGOで、世界約90ヶ国の人権状況を調査・モニターしております。1997年には、地雷廃絶条約を実現させたことを評価されて、他の団体とともにノーベル平和賞を受賞しています。2009年4月に東京事務所を開設し、日本からも世界中の人権保護に向けた活動を展開しております。

東京シューレ

子どもも学びも多様。学校以外にも多様な教育の場が必要です。当団体は、不登校の子どもたちが多く学ぶフリースクール等を運営する活動を行っています。学校は休んでもいい、別の道を行ってもいい。いじめ自殺がなくならない日本中の子ども、親、大人たちにメッセージを送り続けています。

ATARIMAEプロジェクト

ATARIMAEプロジェクトは、「障害者があたりまえに働けるニッポンへ」を合言葉に、障害のある人もない人も共に働き生きる喜びを感じあえる社会の実現を目指します。障害者雇用のための情報発信や、働く障害者を応援する活動を進めています。

プロジェクト結

プロジェクト結(ゆい)は東日本大震災で被災した子どもたちの学びと遊びを、中長期にわたり官民連携で支援するコンソーシアムで、個人・NPO・企業・行政などが一つのチームとなり、創造的復興に向けて、支援活動を行っています。

ジョイセフ

世界では、毎日約800人の女性が、妊娠や出産が原因で命を落としています。このほとんどが途上国の、支援があれば助かるはずの命です。ジョイセフは、日本の経験を活かして、アフリカやアジアで活動しています。

エル・システマジャパン

エル・システマジャパンは、日本国内においてエル・システマの理念に基づいた音楽活動を通した、子どもの自己実現の場の拡充を推進することを目的としています。まずは、福島県相馬市ですべての子どもたちが参加できる子どもオーケストラ設立に向けた支援を開始しています。

シュアール

手話を利用する人々は、日常のコミュニケーションに苦労しています。シュアールでは聴覚障がい者向けサービスとして、手話によるガイドアプリや手話オンライン辞書などを提供し、聴覚障がい者の生活の質の向上を目指しています。

日本地震処理を支援する会

日本地雷処理を支援する会は、紛争後に残る地雷・不発弾等を処理する日本唯一の団体です。アフガニスタン・パキスタンでの活動を終了し、現在はカンボジア、ラオス、アンゴラ及びパラオにおいて活動しています。地雷・不発弾の無い安全な大地を目指しています。

グリーンバード

「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに、全国38ヶ所(海外を含む)にて活動する、街のおそうじプロジェクト。もっとキレイで、もっとカッコよい街を目指して、ひとりでも多くのご参加をお待ちしています。

Wink

1997年よりインターネットに「母子家庭共和国」というシングルマザーのコミュニティを開設。シングルマザーとシングルファザー、その子どもたちが元気に生きられる社会を目指して、様々な活動をしています。近年は、再婚家庭(ステップファミリー)の支援も行っています。

ブラストビート

アイルランド発、日本で5ヶ国目となる社会教育プログラム「ブラストビート」を展開。高校生・大学生などが10人ほどの「ミニ音楽会社」を作って起業し、音楽イベントのすべてをプロデュース、その収益(25%以上)を自分たちで選んだNPOなどに寄付するプログラムです。

コぺルニク

ウェブサイトにて、貧しい人々の生活を改善する製品を作る企業や大学、現地コミュニティを支援する団体、寄付者の3者をつなげ、シンプルで革新的なテクノロジーを、発展途上国で普及させることを目指しています。

TABLE FOR TWO

TABLE FOR TWOは開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む日本初の社会貢献運動です。先進国で健康的な食事を1食とるごとに、開発途上国に学校給食1食が贈られるというプログラムを推進しています。shAIRを通じて皆様からお預かりした寄付は、日本国内外でのプログラム拡大に充てさせていただきます。

石巻復興ネットワーク

『石巻復興支援ネットワークは、地元石巻の母親たちが中心となり、震災のあった年の5月に活動を始めました。「住民主体の復興まちづくりと支えあいの社会基盤づくり」を目的に、主体的に活動する市民の育成とサポート、ネットワーク作りを行っています。』

NPO法人3keys

3keysは民間の力で子どもたちの社会保障を充実化させることを目的に活動しています。具体的には、格差の下にいる子どもたちに対して、ボランティアや寄付、企業との連携による学習支援や、その他自立に必要な資源をコーディネーションを行っています。またその支援から見えてきた現状を講演や執筆、政策提言等で社会に伝えていく啓発活動も行っています。

特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS

プラスは、エイズ孤児が直面する問題の改善に取り組む国際協力NGOです。ウガンダ共和国、ケニア共和国の2ヶ国で、エイズ孤児の教育支援活動やエイズ啓発、母子感染予防などに現地団体と共に取り組んでいます。

NPO法人ハナラボ

NPO法人ハナラボは、社会変革の担い手を輩出することを使命として、社会課題の解決を通して女子大生のリーダーシップを育む団体です。フィールドは課題を抱えた地域や組織。女子大生は現場で課題や資源を見つけ、解決につながるアイデアは何かを考え実行します。

ワールド・ビジョン・ジャパン

世界の子どもを支援する、国連に公認された国際NGOです。子どもたちが健やかに成長できるよう、地域のニーズに合わせて、教 育、保健衛生、水資源開発、収入向上などのプログラムを実施する「開発援助」、紛争・災害時の「緊急人道支援」、市民社会や政府 へ働きかける「アドボカシー」の3つを柱に世界で活動しています。

Class for everyone

Class for Everyoneは途上国に平等な教育機会を創出するために、主に日本で使われていないパソコンを集めて途上国の学校などに届けて、子ども達のICT教育を促進しています。また、フィリピンのスラム街にある貧困家庭に、子ども達の教育費を生み出すための仕組みづくりを行っています。

まだshAIRの会員登録がお済みでない方は、【簡単な3つの項目を記入する会員登録】を済ませてから、スキル登録をお願いいたします。


会員登録 既に会員の方はこちら